意志の弱いヘビースモーカーが、どうやって禁煙に成功したのか?

禁煙をする場合、クリアしなければいけない大きな課題が2つあります。
1つはニコチン依存症で、もう1つは喫煙の習慣です。

 

この2つが禁煙への大きな障害になるため、禁煙したくても途中で挫折してしまうという人が山ほどいます。
そこで今回は「電子タバコ」を活用して、この2つの壁をぶち破れないかと挑戦してみました。

 

今まで失敗続きだった意志の(ちょっとだけ)弱い私が、
最終的にどうやって禁煙までたどり着いたかを紹介したいと思います。

 

これから禁煙に取り組むという人はぜひ参考にして下さい!

 

きっかけは「電子タバコ」。 リアル煙草の代わりに使ってみると・・・

 

ニコチン依存症対策には、体内に蓄積されたニコチンを少しずつ体外へだしていく必要があります。
急激にニコチンを減らしてしまうと、3日目くらいに無性にタバコが恋しくなり、禁煙に失敗してしまうからです。

 

また、ニコチン依存症とは別に、長年の「喫煙習慣」が禁煙を大きく邪魔します。

 

なんとなく手や口元が寂しかったり、飲酒時や食後にはどうしても一服しなくてはなどといった習慣が、
恐ろしいほどのさりげなさで禁煙を邪魔するのです(本当に…)

 

しかし、その対策としてある日見つけたのが「電子タバコ」です。

 

電子タバコ

 

 

電子タバコは、見かけはタバコそっくりで、吸うと電気が点灯するものまであります。
また、水蒸気の煙まで出ますから、喫煙している気分が味わえます。

 

しかし、その煙の成分のほとんどは水分です。
その他に含まれている成分も香料など、人体に悪影響を与える心配がないもので出来ています。

 

価格的にも、最初本体を買う時だけちょっと高いですが、
ランニングコストで比較すると電子タバコの方が経済的な負担は圧倒的に少なくなります。

 

というわけで、今吸っているタバコを、
少しずつ電子タバコに替えていくことで、煙草の本数を減らせるのではないかと思いつきました。

 

今までなんとか禁煙したいと悩んで早数年。
色々な禁煙グッズを試してみたけど効果が出ないヘタレサラリーマンな私でも、
この方法なら抵抗なくタバコの本素を減らせるんじゃないか・・・

 

という大きな期待を胸に再度禁煙にチャレンジしました。

 

途中、なんだかんだで苦労したり電子タバコを買い換えたりしましたが、
結果的に無事禁煙に成功できたので、それまでの記録をまとめたいと思います。

 

禁煙したいけど中々できないというサラリーマンは山ほどいると思うので、
同じ悩みを抱えている人のために、少しでも参考になればと思います!

 

 

 →まずは「禁煙する理由」をはっきりさせよう!

 

 

<管理人の一言メモ>
たばこを吸っていると血流が悪くなり、またビタミンの吸収を阻害するため、
男性にとってはとても気になる「ハゲ・薄毛」の原因になることもあります。

 

私も30歳前後からつむじ周辺が気になり出したので、たばこをやめると同時に、
髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使うようになりました。
同じ薄毛が気になる同士の人は、一度お試しあれ!